内村残念ながら棄権(T_T)

体操の世界選手権で個人総合7連覇を狙っていた内村航平が残念ながら棄権したみたいですね

情報のソースはこちら
内村まさか跳馬で左足故障 3種目終了棄権で個人総合の連覇途切れる

引用はスポニチアネックスです。
体操の世界選手権はカナダ・モントリオールで開幕し、日本男子は予選3班で演技した。個人総合で7連覇を目指す内村航平(28=リンガーハット)が、2種目目の跳馬でアクシデントに見舞われた。リ・シャオペンの着地の際に左足を痛めて苦悶の表情。リ・シャオペンは「毎回跳ぶたびに命の危険を感じている」と話すほどの高難度の技で、9月29日の本会場練習でも失敗していた。

 次の平行棒までに懸命のケアを続け、平行棒も演技をしたが、着地の際に痛みで顔をゆがめた。4種目目の鉄棒の練習も行ったが、これ以上の競技続行は不可能と判断して鉄棒の演技は行わずに3種目終了時点で棄権を決断。世界選手権の連覇は6、個人総合の連勝も40で止まった。

とっても残念ですけどまだ東京オリンピックもありますので怪我を治して頑張ってほしいですね

a8 Doresuwe



a8 Doresuwe



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

a8 Doresuwe